閉じる

ドボク模型 実演動画

日経コンストラクション

目次

  • 「土塊動かす水はどこから?」、模型の実演を動画で紹介

     身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回、取り上げるのは地滑りを引き起こす地下水だ。一連のメカニズムと効果的な対策について、豆腐などを使った模型実験で説明する。日経コンストラクション

  • 「落石の衝撃にどう耐える?」、模型の実演を動画で紹介

    身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回は落石防護網や防護柵を取り上げる。直径わずか40cmの石が高さ40m、勾配40度の斜面から落ちた際のエネルギーは、重さ1tの乗用車を住宅の2階から落とすのとほぼ同じ大きさに匹敵する。巨大な衝撃にワイヤなどの強い張力で耐えたり、変形を…日経コンストラクション

  • 「アンカーが破断するとどうなる?」、模型の実演を動画で紹介

    身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回のテーマはアンカー材の破断だ。斜面に埋設していたアンカー材が腐食などによって破断すると、弓矢のように空中へ飛び出す。こうした恐怖映画のような事故が実際に起こっている。日経コンストラクション

  • 「地震に強い石垣とは?」、模型の実演を動画で紹介

    身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回は石垣を取り上げる。モーターとねじで作った「振動発生装置」を取り付けて、石垣の積み方や形状によって地震に対する強さがどのように変わるのかを確かめる。日経コンストラクション

  • 「アンカー定着部に働く力とは?」、模型の実演を動画で紹介

    身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回はグラウンドアンカーの定着部に着目。工法によってグラウト材に作用する力が大きく異なることを説明する。日経コンストラクション

  • 「杭に働く力とは?」、模型の実演を動画で紹介

    身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。構造物を支える“縁の下の力持ち”である杭が今回のテーマだ。目に見えないだけに、多くの市民にとってその役割は分かりにくい。杭の挙動やどのような力が作用しているのかを模型で説明する。日経コンストラクション

  • 「斜面に差し込む鉄筋の役割」、模型の実演を動画で紹介

    身近な材料で作れるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回のテーマは、長さ2~5m程度の鉄筋などを地山に多数差し込んで、斜面を安定させる「地山補強土工法」だ。補強材の有無や間隔で斜面の崩れやすさがどう変わるのか、模型を使って説明する。日経コンストラクション

  • 「地盤の圧密沈下とは?」、模型の実演を動画で紹介

    身近な材料でつくれるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。地盤の圧密沈下で地中の水が果たす役割が、今回のテーマだ。今回の模型では、タッパーの中に並べた台所用スポンジを土に見立てている。日経コンストラクション

  • 「トンネルに掛かる偏圧」、模型の実演を動画で紹介

    身近な材料でつくれるドボク模型で、土木技術の仕組みを理解する――。今回のテーマは、山岳トンネル工事で地山から掛かる「偏圧」の視覚化だ。日経コンストラクション

  • 「トンネル切り羽の崩れ方」、模型の実演を動画で紹介

    ドボク模型で若手技術者や一般市民に土木技術の仕組みを分かりやすく伝える――。金属ナットを土の粒子に見立てた模型で、山岳トンネル工事での切り羽の崩れ方や、先受け工法の役割を直感的につかんでみよう。日経コンストラクション

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る