橋の維持管理では、的確な診断ができる“総合診療医”の育成が必要だと力説する西川氏。具体的な事例を紹介しながら、未熟な診断が再劣化を招いている現状を説明する。的確な診断能力を身に付けるためには、日頃から論理的に考える癖をつけなければならない。これまで多くの技術者が従事していた「設計」の発想から転換する必要がある。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら