橋の「総合診療」実践編の第2回では、PC橋の「塩害」について取り上げる。実際に損傷した橋の写真を例に挙げて、PC橋の適切な点検・診断の在り方に迫る。定期的に目視点検することが適切に診断するための基本だが、PC橋の場合、それだけでは塩害を見逃してしまい、予防保全をするにしても手遅れになる恐れがある。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら