建築のプライスとコストの最新情報をお届けする「建築単価ウオッチ」。契約価格の動向を示すプライス推計値では、2016年度と2017年度の境目で大きな不連続が生じた。こうしたデータから、何が読み取れるのか――。データの分析を手掛ける建設物価調査会・総合研究所の橋本真一部長に解説してもらった。2回シリーズで掲載する。前編は、工事原価が横ばいのなかでプライスが上昇する、昨今の建築市況の特徴について聞いた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!