2017年4月期の鉄骨造(S造)事務所の情報をお届けする。先週配信したマンション同様、16年調査に基づき、プライス推計値算出のベースとなる契約価格の基準値を新年度用に変更した。16年調査の値は15年調査の値と比べて、中位(50%値)が下落したが、高位(75%値)と低位(25%値)がやや上昇した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら