東京・明治神宮外苑(新宿区と港区)で開かれたデザインイベント「TOKYO DESIGN WEEK2016」で11月6日、木製のジャングルジム形の展示作品が燃え、5歳の男児1人が死亡した。この展示作品では、内部にかんなくずを敷き詰め、照明器具で照らして演出していたことが出火の原因とみられている。東京消防庁によると、照明器具が原因の火災は一般の住宅でも複数発生している。特に、ダウンライトは、注意が必要だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。