東急建設は、バーチャルリアリティー(VR)技術を建設現場の安全教育に用いたシステムを開発した。2016年から研究していたもので、17年9月から社員向けの安全研修に採用している。「ヒヤリ・ハット」をVRで体験することで、安全意識の向上や危険予知訓練に役立てる狙いがある。

ここからは有料会員の登録が必要です。