「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VRを活用する動きが活発だ。フリーダムアーキテクツデザインは7月26日から、富裕層向けの住宅設計にVRを導入するサービス「社長の邸宅」を開始した。

ここからは有料会員の登録が必要です。