閉じる

インバウンド・ジャパン2017リポート

日経アーキテクチュア

目次

  • リノベを起点に地域資産を再構築

    ブルースタジオ大島氏が語る「人が主役」のまちづくり

    空き家のリノベーションで地域交流の場を生み出し、海外からの旅行者をも巻き込むまちづくりへと結び付ける――。ブルースタジオの大島芳彦専務取締役は、「インバウンド・ジャパン2017」で2017年7月21日、「リノベーションによる地域価値の再生 - 人が主役の小さなまちづくり」をテーマに講演した。日経アーキテクチュア

  • ロボット219台で世界一生産性の高いホテルを目指す

    「変なホテル」で取り組む未来型サービス業の実験

    ハウステンボスが運営する「変なホテル」がオープンして丸2年が過ぎた。同社変なホテル事業開発室総支配人の大江岳世志氏は2017年7月21日、「インバウンド・ジャパン2017」の基調講演で、「利用者が飽きることのないように、日々新しい取り組みに挑んでおり、高い稼働率を保っている。外国人旅行者の利用も増え…日経アーキテクチュア

  • インバウンド「第2フェーズ」、訪日4000万人時代の百貨店とは

    J.フロントリテイリング・山本良一社長が語る

    2015年ごろまでが日本のインバウンドの「第1フェーズ」、現在は「第2フェーズ」に移行しつつある――。J.フロントリテイリングの代表執行役社長である山本良一氏が2017年7月20日、「インバウンド・ジャパン2017」で講演し、訪日外国人旅行者に対する同社の取り組みを語った。日経アーキテクチュア

  • ガストロノミーで「一次産業=クール」を浸透

    独自の食文化を武器にする鶴岡市の挑戦

    文化と料理の関係を考察する「ガストロノミー」を、インバウンドにどう生かすのか。インバウンド市場の総合展示会「インバウンド・ジャパン2017」で2017年7月20日、ガストロノミーによる国際交流をテーマにしたパネルディスカッションが行われた。日経アーキテクチュア

  • 地方こそテクノロジーとの融合が活性化の鍵

    自治体首長やテクノロジー企業幹部が議論

    東京五輪・パラリンピックを機に、いかに地域の魅力を発信し活性化できるか――。「インバウンド・ジャパン2017」で2017年7月19日に開催した特別セミナー「自治体の悩みを解決!全国自治体企画会議」で、自治体首長やテクノロジー企業幹部が先進的な事例を交えながら議論した。日経アーキテクチュア

  • 環境問題を隠さないという逆転の発想

    宗像大社宮司・葦津敬之氏が語る「神宿る島」の世界遺産登録

    宗像大社宮司の葦津敬之氏は2017年7月19日、インバウンド市場の総合展示会「インバウンド・ジャパン2017」で「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産への登録決定までの取り組みを語った。日経アーキテクチュア

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る