「コンクリート強度が公的基準に達していないため、耐震補強したと判断できない」ーー。大阪府泉大津市立上條小学校3号館で、2010年に実施した耐震補強の妥当性が府に認められず、閉鎖を余儀なくされる事態が起こっている。13年11月施行の改正耐震改修促進法で義務付けられた耐震診断結果の報告で問題が表面化。市は保護者に説明し、16年10月に校舎を閉鎖した。耐震補強の事業費は約3300万円だ。

 発注者の泉大津市教育委員会は、16年11月に「上條小学校3号館耐震補強設計に係る第三者委員会」(委員長:阿波野昌幸・近畿大学建築学部教授)を設置。2回の会合を開き、17年3月に報告書をまとめた。

上條小学校3号館の外観。16年10月に閉鎖するまで、6つの普通教室と3つの特別教室が使われていた(写真:泉大津市)
[画像のクリックで拡大表示]
上條小学校の配置図。3号館は、延べ面積1276m2で地上3階建て。1、2階が鉄筋コンクリート造(RC造)、3階が鉄骨造(S造)だ。1963年に地上2階建てのRC造で竣工し、65年に増築。さらに、72年に地上3階部分をS造で増築している(資料:泉大津市)
[画像のクリックで拡大表示]

 3号館は延べ面積1276m2で、地上3階建て。1階と2階が鉄筋コンクリート造(RC造)、3階が鉄骨造(S造)だ。1963年の竣工で、65年と72年に増築している。

 第三者委員会がまとめた報告書によると、補強前のコンクリート強度は1階部分で11.07N/㎜2、2階部分は6.22N/㎜2だった。いずれも、国土交通省が耐震診断の技術上の指針と位置付ける、日本建築防災協会の基準の適用条件「13.5N/㎜2以上」を下回っていた。

ここからは有料会員の登録が必要です。