オランダ発の微生物を使ったコンクリート技術が日本に上陸した。コンクリートと微生物を融合させてひび割れの自己修復を可能にした革新的な材料だ。會澤高圧コンクリート(北海道苫小牧市)が、同技術の権利を持つベンチャー企業バジリスク・コントラクティングと日本国内での独占販売契約を結んだ。

 バイオ技術とコンクリートを組み合わせた材料を生み出したのは、オランダ・デルフト工科大学のヘンドリック・ヨンカース准教授だ。日経ホームビルダーでは、同氏の独占インタビューを実施。革新的な自己治癒コンクリートの開発経緯や、現状の技術レベルなどを聞いた。

――そもそも、生物でコンクリートを自己治癒するというメカニズムはどのようなものなのですか。

 バシラス属のバクテリアの活動を用います。乾燥すると胞子状の殻をまとうバクテリアで、休眠状態で200年も生存することができる生物です。高いアルカリ性の環境下でも死滅しない種です。

デルフト工科大学のヘンドリック・ヨンカース准教授(写真:都築 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

 このバクテリアに栄養分である乳酸カルシウムを与え、さらに水と酸素が供給されると、バクテリアが活動を始めます。バクテリアは栄養分である乳酸カルシウムを分解し、二酸化炭素を排出。結果として炭酸カルシウムができるのです。この炭酸カルシウムがひび割れを埋める成分として働きます。反応そのものは、すごくシンプルなものです。

バクテリアが乳酸カルシウムを栄養源とし、水、酸素の供給を受けて活動する際の反応式。炭酸カルシウムが生成される(資料:デルフト工科大学)
[画像のクリックで拡大表示]