熊本地震の木造住宅被害を受けて4号特例を見直す必要はあるのか。日本弁護士連合会が主催したシンポジウムで、国土交通省、欠陥住宅問題に取り組む弁護士、建築行政の現場担当職員、構造研究者、構造実務者による議論が白熱した。

ここからは有料会員の登録が必要です。