省エネルギー性能が高い家づくりに対して、どれだけ実績があり注力しているかを評価する――。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)ビルダーに対する新制度「ZEHビルダー評価制度」を経済産業省が検討していることが分かった。

 3月13日に公開した『平成29年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業)」の概要について』の中で、その構想を明らかにした。ZEHに取り組む住宅会社のがんばり度合を評価することで、数あるZEHビルダーのなかでも、熱意がどの程度異なるのかを分かりやすくする。

 この新たな制度を足掛かりに、ZEHビルダーがZEH普及への取り組みにさらに注力することを促す。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業調査発表会2016で公開されたZEHビルダーのマーク。写真は発表会当日にスクリーンに投影されたもの。実際に使用するマークとは若干色などが異なる場合がある(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 本制度は、2017年度予算の成立が前提だが、17年度を周知期間とし、18年度から運用を開始する方針だ。

 評価する項目は、省エネルギー性能が高いZEHを何棟建築したかといった実績のほか、どの程度ZEHの普及に注力したかといった活動についても対象とする予定だ。例えば、17年度内にZEHの建築実績があるか、その実績は目標を達成したものか、実績報告を行っているか、ウェブサイトなどで実績を公表しているかなどだ。

 ただし、住宅の品質に対する評価は行わないことから、住宅会社が建築するZEHの建物に対する品質を評価するものではないとしている。具体的な制度の内容については、運用開始までに詰める方針だ。

 

ここからは会員の登録が必要です。