大成建設は伝統構法などで使われる耐力壁「落とし込み板壁」を独自に改良し、金物を使わずに耐力を2倍以上高めた「T-WOOD(ティーウッド)組み板壁」を開発した。東京大学大学院木質材料学研究室の稲山正弘教授の協力を得たもので、同社と稲山教授が共同で特許を出願した。

ここからは有料会員の登録が必要です。