「今後の建築基準制度のあり方」の 第3次報告案には、室内の壁や柱で木材を現しで使えるようにするなど、木造建築の防火に関する建築基準法の規制を緩和する提案が盛り込まれている。

ここからは有料会員の登録が必要です。