これまで見てきた事例は、開口まわりに特徴を持つが、いずれも設計者が独自の考えで街との“距離”を設定したものだ。全ての新築住宅に省エネ基準への適合が求められる2020年に向けて、環境面も考えておく必要がある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら