富士宮というと「やきそば」を食べて満足して帰ってしまいそうですが、ここ(静岡県富士山世界遺産センター)から徒歩5分の富士山本宮浅間大社本殿(浅間造り、1604年、重文)をお見逃しくなく。

(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

編集部のおすすめ お待たせしました!2018年最新版発刊ムック「東京大改造マップ 2018-20XX」

 好評シリーズの第5弾です。東京五輪を機とする様々なインフラの整備、国の中枢として避けることのできない国際的都市間競争、その先に求められる成熟─。そのために急ピッチで進む東京の都市改造をレポートします。新規大規模開発を中心としつつも、インフラ整備、その間をつなぐリノベーション開発なども紹介します。恒例の綴じ込み地図「でかマップ」も収録。ちなみに、2014年に発刊した第1弾は私(宮沢)が編集担当でした。ゼロからのスタートは大変で……。今は、親元を離れて立派になった子どもを見るよう。
「東京大改造マップ 2018-20XX」

編者:日経アーキテクチュア
判形:A4変形
ページ数:168ページ
定価:1200円+税
ISBN:978-4822257941
発売日:1月31日

〔注目エリア〕

  • 大丸有・日八京
  • 虎ノ門・浜松町
  • 品川・田町
  • 有明・豊洲・晴海
  • 渋谷
  • 新宿
  • 池袋
  • 横浜

〔綴じ込み地図〕

ほぼA全判の「東京大改造でかマップ」。上記の7エリアをはじめ23区内の全域を対象に、約300件の大規模開発プロジェクトを網羅的に地図上に表示します。各開発の位置関係が分かるほか、道路などの開発も一目瞭然です

詳細・購入: http://amazon.jp/dp/4822257940

出典:2018年2月8日 107 建築日和
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。