日本は、人口急減と超高齢化を他国よりも早く経験する「課題先進国」。首都・東京は、国際的な都市間競争で生き残るため、不断の都市更新を続ける。一方、財政難の地方都市は、公民連携などの観点で再生の活路を模索する。新たな手法や技術が、都市とまちをどう変えるのかをキーワードで解説する。

〔写真1〕オリンピック・パラリンピック競技大会用の選手村の開発が始まっている東京・晴海エリアの空撮(写真:川澄・小林研二写真事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

目次

都市・まちが変わる

出典:2018年1月25日 68 特別リポート 建築を変える新技術・ビジネス100(後編)
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。