意匠分野の変革の主役が「コンピューター」であることは間違いない。もちろんこれまでも設計にコンピューターは使われてきた。だが、それは人間が複雑な与条件を整理した後で用いる「計算の道具」にすぎなかった。これからのコンピューター活用は、「複雑な与条件を整理させる」あるいは「複雑なまま解決策を導く」使い方へと軸足を移すだろう。

ここからは有料会員の登録が必要です。