帰れない、休めない。多くの会社で長時間労働が常態化するなか、政府は2017年、社会全体の「働き方改革」を掲げ、罰則ある残業時間の上限規制、賃上げ促進など、労働環境改善に向けた法整備を進める実行計画を打ち出した。建築産業でも、企画・設計から施工・維持管理まで、あらゆる場面で発想転換が迫られる。

ここからは有料会員の登録が必要です。