建物用途を偽装して新築されたシェアハウスに特定行政庁が踏み込んだ。閉鎖を余儀なくされた発注者は代金の支払いを拒否。さらに違法の責任を取るよう建設会社に求め、双方が訴え合う訴訟に突入した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら