「紙の上の建築 日本の建築ドローイング1970s-1990s」は国立近現代建築資料館で2018年2月4日まで開催中。この展覧会がタダなんて!

(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

編集部のおすすめ ザハの遺作の建設過程も紹介 書籍「日経アーキテクチュアSelection 世界のリノベーション」

 11月28日、書籍「世界のリノベーション」を発刊しました。好評発売中の「世界の木造デザイン」に続く、「日経アーキテクチュアSelection」の第2弾です。日経アーキテクチュアが近年リポートしてきた国内外の増改築事例の中から、特に優れたものを厳選。未掲載の写真や資料を加え、ビジュアル度を高めて再構成しました。ザハ・ハディド氏の遺作となるベルギーのポートハウスは、日経アーキテクチュア未掲載の建設プロセスのリポートを加えました。国内のモダニズム建築の再生事例も、技術・法規面を押さえつつ実現過程を紹介します。

日経アーキテクチュアSelection 世界のリノベーション
[画像のクリックで拡大表示]

編者:日経アーキテクチュア
判形:A4変形判
ページ数:208ページ
定価:2400円+税
ISBN:978-4-8222-5876-4
発行日:11月28日
詳細・購入

〈構成〉

【プロローグ】五十嵐太郎氏が読み解く世界のリノベーション建築史
【PART1】 欧州、歴史への挑戦 ─ 「守って攻める」名手たち
【PART2】 アジア、驚きの発想 ─ 世界が注目する新たな波
【PART3】 米国、公共図書館再編 ─ 新築・リノベ使い分け
【PART4】 モダニズム再生5選 ─ 「免震」「減築」で更新
【PART5】 ストック活用10選 ─ 機能転換で集客アップ

出典:2017年12月28日 86 建築日和
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。