ビルの現場をカバーですっぽり覆い、ロボットで資材搬送や工事を行う──。生産性向上や苦渋作業の軽減を図るシステム「Shimz Smart Site」だ。印藤正裕氏は、開発の先頭に立ち、18年夏の本格稼働に照準を合わせる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら