観光客数が急増する一方で、“違法民泊”に悩まされてきた京都市が独自の民泊ルール案を打ち出した。2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されると、実質的に民泊解禁となる。規制緩和による民泊ビジネスへの期待が高まるなか、京都市の独自ルール案は、住居専用地域で営業日数を年間約60日間までしか認めないなど、厳しい規制の内容となりそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら