建築物に関する省エネ基準は、住宅と非住宅とで異なる。2020年までの完全義務化を視野に、確実に理解しておきたい。この連載では、まずは住宅の基準と仕組みを解説する。今号は「外皮性能」だ。(日経アーキテクチュア)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら