建築基準法38条が削除されてから15年を経て2015年に復活した。法規定だけにとらわれずソフト面も評価する新制度は、これから建築の可能性を広げるだろう。第1号認定取得の経緯から新38条の特徴を読み解く。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら