1つの家を代々、住み継げば空き家になる可能性は小さい。それが空き家化を防ぐ基本だ。設計者に求められるのは、家族に寄り添って「変える」「変えない」を見極め、将来にわたって使い続けられる空間に再生すること。築約40~50年超の住宅の改修事例から、「住み継ぐ改修」の秘訣を探った。

[画像のクリックで拡大表示]

目次

出典:2017年12月14日 48~49 特集 住み継ぐ改修
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。