日経アーキテクチュアは11月28日に書籍「日経アーキテクチュアSelection 世界のリノベーション」を発刊する。そのなかからアジア地域のリノベーション事例を2つ紹介する。シンガポールの国立美術館と、タイの大規模商業施設だ。いずれも、工事前と比べて観光客増や売上増に大きく貢献している。日本と気候や文化意識の近いアジア地域で実践されている“大胆発想”は、型にはまりがちだった日本のリノベーションに多くのヒントを与えるだろう。(日経アーキテクチュア)

旧最高裁判所(左)と旧市庁舎の隙間を、アルミとガラスのパネルで造った“ベール”で覆い、光溢れるアトリウム空間をつくった(写真:Studio Milou)
[画像のクリックで拡大表示]

目次

出典:2017年11月9日 58 特別リポート アジアに学ぶ 大胆リノベ成功術
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。