朱印帳が人気だと聞いて、「建築スタンプラリー」をいつか実現したいと密かに思っていました。「先を越された」感はあるものの、純粋に「楽しい」!

(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

詳細なリポートはこちらに。
・安藤忠雄展スタンプラリーの体験リポート前編後編

編集部のおすすめ 「実務セミナー」2本まだ間に合う!「都市木造を極める」「人を動かす建築プレゼン」

 日経アーキテクチュアが開催する建築実務セミナーのお知らせです。1つは、11月13日(月)、14日(火)の「都市木造を極める 2日間 徹底講座」。日経アーキテクチュア連載でおなじみ安井昇氏による、演習を交えた2日間の少人数講義。実務に直結する防耐火の知識を解説します。もう1つは11月17日(金)の「人を動かす建築プレゼン特別講義」。今年実施されたコンペ・プロポーザルの当選者3組に実際のプレゼンを再現してもらいます。いずれも開催日が近づいていますので、急いで申し込みを。

日経アーキテクチュア
建築実務セミナー 開催概要

都市木造を極める 2日間 徹底講座【第1期】~防耐火設計のプロフェッショナル、安井昇氏に学ぶ~

  • 内容:都市木造の構造・防火設計で実績豊富な桜設計集団の安井昇代表が、演習を交えた2日間の講義で、難解に感じる防耐火法令の全体像を解きほぐす。中大規模の防耐火を中心に、耐久性の観点も踏まえた都市木造の設計手法を徹底解説。
  • 日時:【1日目】2017年11月13日(月)10:00~18:00(受付開始 9:30) 【2日目】2017年11月14日(火)10:00~15:00 1日目には懇親会、2日目には「講師が何でも答える質問会」あり
  • 会場:日経BP社本社ビル5階(東京メトロ日比谷線・神谷町駅より徒歩5分、東京メトロ南北線・六本木一丁目駅より徒歩7分)
  • 受講料(税込み):読者特価8万6400円、一般価格9万5400円
  • 定員:30人

人を動かす建築プレゼン特別講義 第2弾~コンペ・プロポの最終プレゼンをもう一度~

  • 内容:昨年好評だった建築プレゼン特別講義の第2弾。2017年に実施された注目のコンペ・プロポーザルで最優秀となった3者は、どんなプレゼンで、勝利を勝ち取ったのか。実際に当時のプレゼンを再現。講師は建築家の遠藤克彦、宮崎浩、岡野道子の3氏。コンペ・プロポに精通した新井久敏氏(元群馬県職員)が、質問・解説する。新井氏は群馬県内で計26件のコンペ・プロポーザルを仕掛けた人物。
  • 日時:2017年11月17日(金)13:30~17:00 (開場13:00)
  • 会場:TKP田町カンファレンスセンター(東京・JR田町駅より徒歩5分、都営線・三田駅より徒歩5分)
  • 受講料(税込み):読者特価1万9800円、一般価格2万8800円
  • 定員:150人
出典:2017年10月26日 114 建築日和
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。