作業者は、現場付近の温度や湿度と、自らの動きの加速度を計測するセンサーを身に着ける。センサーが収集したデータは位置情報と共にスマートフォンを通じてクラウドサーバーに送信。温度と湿度のデータを基に、熱中症リスクを事前に判断する「暑さ指数(WBGT)」を、作業者ごとに算出する。また、作業者の体の傾きや動きは加速度が示す。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら