深刻な人手不足を補うため、建設会社各社は現場へのロボット導入に力を入れている。1990年代までのロボット開発の反省を踏まえ、重視するのは汎用性や人との協調性だ。革新が進むAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など先端技術と連携し、技術者や技能労働者を支える確実な生産性向上を目指す。

[画像のクリックで拡大表示]

目次

出典:2017年10月26日 67 特別リポート ロボットが現場を救う
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。