木造を耐火建築物とするには、火源から木部を離して着火しないようにする「耐火性能検証」と呼ぶ手法が使える。体育館の屋根などを木造とする際に有効だ。また内装は「避難安全検証」で木質化できる。(日経アーキテクチュア)

ここからは有料会員の登録が必要です。