建築訴訟は年々複雑化している。建築士は予期せぬ方面から訴えられるリスクが高まっている。生活基盤を脅かす訴訟から身を守るには、自身の担当可能な業務を明示し、事前の契約で防衛する知恵が必要だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら