建築訴訟は年々複雑化している。建築士は予期せぬ方面から訴えられるリスクが高まっている。生活基盤を脅かす訴訟から身を守るには、自身の担当可能な業務を明示し、事前の契約で防衛する知恵が必要だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。