宮城県気仙沼市が造成工事を発注した土地に規格外の岩が埋まっていた問題で、市は8月30日、施工者を相手取り、約9500万円の損害賠償を求めて、仙台地方裁判所に提訴した。施工者のアルファー建設(気仙沼市)は、市の担当者が工事中に規格外の岩を容認したと反論している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら