敷地の緯度と経度のデータを取り込み、衛星写真上に正確な日影図を作成する──。スケッチアッププロ2017では、こんなシミュレーションができる。アーキテクトセブンの寺澤任弘代表が、その手順を解説する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら