前回までは、3階建て以下の住宅など準耐火建築物以下の防耐火性能を持つ木造の設計手法を紹介してきた。今回からは、木造で中層・大規模の耐火建築物を設計する際のポイントを解説する。

ここからは有料会員の登録が必要です。