熊本地震では、断層による地盤のずれが直接の原因となる建物被害が生じた。発災から1年がたち、今後の施設や街づくりの方針を検討するなかで、活断層の危険をいかに克服していくかが課題となっている。

ここからは有料会員の登録が必要です。