建物の損傷が軽微でも、杭が損傷したため結局、取り壊される──。熊本地震では、そうした被害事例が見られた。実はこれまでの大規模地震でも、杭被害は繰り返されてきた。地震後も継続して使用するためには、上部構造の耐震補強だけでは十分ではない。基礎の性能を正確に把握する必要がある。

ここからは有料会員の登録が必要です。