米国・サンフランシスコに拠点を置くアピスコーが、3Dプリンターによるコンクリート住宅の現場施工を実現した。同社は3Dプリンターによる建設技術を開発するベンチャー企業で、住宅はロシアのスタピノに建設された〔写真1〕。2016年12月に完成したことを、17年2月にアピスコーが発表した。延べ面積38m2の平屋建て住宅だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。