大地震は予期せずやって来ます。2016年4月、構造設計者の小西泰孝氏は熊本市内のホテルに宿泊していたところ、熊本地震の本震を受けたそうです。「私たちはこんなに揺れても壊れないものを設計しなければいけないのかとがくぜんとした。同時に、熊本市内で崩壊しなかった建築を見て、改めて日本の耐震基準のレベルが高いことを実感した」と、小西氏は言います。

ここからは有料会員の登録が必要です。