住宅の「安全性」とは、壁を増やし、堅牢にすることだけが正解ではない。採光や眺望などの「快適性」、そして「コスト」が見合わなければ建て主の満足は得られない。構造部材に異素材を組み合わせることで3要素を実現した例を紹介する。

 鉄筋コンクリート(RC)造の壁式構造と鉄骨柱の組み合わせにより、大開口と自由な住戸プランを実現した集合住宅がある。東京・代々木の低層住宅が広がるエリア。その一角に、2016年12月に完成したコーポラティブ住宅「代々木テラス」だ。

 旗ざお形状の敷地面積は約340m2。地下1階・地上3階から成る建物に9件の住戸が入っている〔写真1、2〕。住戸の中は、都心と思えないほどの静けさだ。隣地に迫る家々も大開口から眺めると1枚のスクリーン映像のように楽しめる。

〔写真1〕街並みをスクリーンのように見せる
2・3階のメゾネットとなっているF住戸。写真は3階のリビング・ダイニングで、中央の「中棟」と約2m幅のくぼみに大開口がまたがる。RC造壁式構造と鉄骨柱を組み合わせることで大開口を実現できた(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕低層住宅に囲まれた旗ざお敷地に立つ
建物北側の外観(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
屋上テラスから新宿方面を眺めた様子。屋上テラスには4住戸からアクセスできる(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 設計はフジワラテッペイアーキテクツラボ(東京都渋谷区)を主宰する藤原徹平氏が手掛けた。

ここからは有料会員の登録が必要です。