東日本大震災から5年余りで熊本地震が発生し、改めて「安全」へのニーズが高まっている。とはいえ、毎日人が暮らす住宅では、地震対策だけを重視して快適性を犠牲にするわけにはいかない。コンクリートや鉄、ガラスなど既存の素材を組み合わせることで、開放性と安全性を両立した例がある。また、液状化対策や長周期地震動対策など、住宅の根底で安心を支える新たな取り組みも動き出している。そうした構造のプロたちの“新発想”を、彼らが考える「住宅の安全」と併せて紹介する。

ここからは有料会員の登録が必要です。