外壁に686本のひび割れが見つかった長野市第一庁舎・芸術館。免震ゴム交換工事のジャッキアップが適切だったかを疑う声が上がっている。構造家の梅沢良三氏は「コンクリートの乾燥収縮が原因」と断言する。

 2015年11月に完成した長野市第一庁舎・芸術館は、打ち放しコンクリートの壁面を基調としたデザインが特徴だ。しかし17年3月3日現在では、その大部分が工事用のシートで覆われている。外壁に発生したひび割れを補修するためだ〔写真1〕。

〔写真1〕ひび割れ補修のためシートで覆われた外壁
長野市第一庁舎・芸術館は、地下2階・地上8階建ての鉄筋コンクリート(RC)造。打ち放しコンクリートの外壁が特徴だ。現在はひび割れの補修工事のため、工事用のシートで覆われている(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 長野市総務部は2月18日、「免震装置交換後ひび」と毎日新聞が報じたことを受けて「コンクリートの外壁に幅0.3mmのひびが11カ所で確認された」と市議会議員に報告書を配布した。しかし、2月21日付の施工者による調査報告書で、0.2mm以上0.3mm未満のひび割れが674本、0.3mm以上が12本見つかったことが明らかになった。

ここからは有料会員の登録が必要です。