本号特集の人選では、経済の縮退、価値観の多様化、SNS(交流サイト)の台頭などから語っていただけそうな方を優先させました。担当者間では、この人とこの人は同じ示唆を与えてくれているといった分析を話しましたが、決め付ける「くくり方」はしていません。共感をベースにした人選です。周りにいる方と話題を共有いただければ、と。

ここからは有料会員の登録が必要です。