公共事業の計画や設計、監理を分離して個別に発注する仕組みが導入されて十数年たつ。ただ、分業制は、事業の全体像を見ずにパーツをつくるだけといった弊害を生む。発注者の力量が足りなければ、十分に全体をコーディネートできずに、事業が中断するような事態を招く。結果として、事業費の増大やサービス低下、設計業界に対する信用低下につながっている。変革が必要だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。