現代の働き方に合わない「ごちそう化」が家庭料理に及ぶ今。土井善晴氏は、「和食の初期化」による持続可能なスタイルを提唱する。哲学を持たない日本への危機感の表れでもある。

ここからは有料会員の登録が必要です。