省エネ住宅の設計レベルが急速に向上してきた。省エネ住宅を評価するコンテストの審査員を務めてきたが、2016年くらいから応募作のレベルがすごく上がっている。

ここからは有料会員の登録が必要です。