100年、200年に1度といった想定外の豪雨の際、住民の命を守るために何ができるのか――。土木の視点だけでなく、建築の視点も併せて検討する手法が注目を集めている。滋賀県の取り組みを一例に、これからの水災害対策の考え方を探った。

ここからは有料会員の登録が必要です。