改正民法は「契約書」重視のビジネスを求める法改正の側面を持つ。住宅会社には契約書の重要性をよく認識してほしい。「当社がビジネスをするに当たり、本当にこの契約書・契約約款に記名捺印してよいか」「当社に不利な契約条項はないか」「リスクはないか」という視点を持ち、契約文化への適合を果たしていく意識の醸成がまず必要だ。

ここからは有料会員の登録が必要です。