住宅の契約やトラブル対応に密接に関わる民法が改正された。改正民法は、契約重視に大きくかじを切る。「契約不適合」が生じた場合の住宅会社の責任は今まで以上に重くなるので、仕事の見直しが急務だ。住宅会社が知っておくべき改正民法のポイントをまとめ、契約トラブルから身を守り、建て主からの信頼を高める方法を探る。

(イラスト:勝田 登司夫)
[画像のクリックで拡大表示]

目次

Part1

Part2

出典:2017年10月 28~29 特集 重み増す契約書、民法改正の衝撃
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。